校正を学ぶ方法

校正について学ぶメリット

 校正者としてはたらきたいと考えている人はもちろんですが、編集者やライター、印刷関係のお仕事をされている人も多く学んでいます。

 校正について学ぶことで、レイアウトやフォントなどの知識や、誤字・脱字を見つけるための文章の知識など編集全般のルールを学ぶとともに、チェックした時に自分でミスを発見する目を養うことにもつながります。

 また、特に出版・印刷関係の仕事をしていなくても、日常生活で文章を正確に使えるようにすることは大切だという考えから、一般教養の延長として校正を学んでいる方もいるようです。

出版社などの校正部署で働きながら学ぶ

 校正の実務経験が未経験のまま出版社などの正社員として働くのは難しいかもしれません。

 しかし、契約社員や派遣社員としてであれば、未経験や通信教育を受けた人でも可、という場合があります

 校正はグループで作業するとクロスチェックすることもあるので、他の人の校正の様子を知ることができるのは大変勉強になります。

 また、先輩として何年も経験を積んだ人がいれば、分からないことを聞くことができるので、独学で学ぶよりも実践的なことを多く学べます。

専門学校・通信教育で学ぶ

 これから校正について1から学ぼうとする人や、すでに仕事をしているけれど仕事のない日など空いた時間を利用して校正の知識を身につけたい、検定を受けてみたいと思った人は、校正の専門学校で夜間・土日の講義を受講したり、通信教育で校正を学習したりするのをお勧めします。