校正の求人の見つけ方

 校正者として募集する企業は、それほど多くありません。どのようにして求人を見つけているのか、私の知っている就職方法をご紹介します。

自分で探す場合は,

  • 出版社などに就職する
  • 求人広告の募集から探す
  • 校正・編集プロダクションに所属する
  • 以前勤めていた会社や友人から仕事をもらう
  • 自分で営業して仕事を受ける

などがあります。また,登録して仕事の斡旋を受ける場合は,

  • 派遣会社に登録する

があります。以下、上記リストそれぞれについての詳細を紹介いたします。

出版社などに就職する

 新聞社や出版社のホームページの求人欄に校正者を募集しています。常時募集している企業は少ないようなので,新聞やホームページをこまめに確認すると良いと思います。

 大きな企業の場合は,校正作業を専門に行うグループがあるため,就職すれば一緒に働くプロの校正者の人たちからも学ぶことができてスキルアップできます。

ただ,少ない募集人数に応募者が殺到するため,倍率はとても高くなっています。

求人広告の募集から探す

 フリーペーパーや新聞の折り込み広告に掲載されている募集には,時々校正の募集があります。

 フリーペーパーや新聞の折り込み広告の場合は,自分が住んでいる地域の周辺の企業が広告を掲載しているため,通勤が比較的楽になると思います。

校正、編集プロダクションに所属する

 校正を専門にしている企業や,編集を専門に行い作品を出版社に提供する編集プロダクションがあります。

 これらの企業のホームページでは,校正を専門とする求人募集が掲載されていることがあります。しかし,募集は不定期であったり,登録をして必要な時に仕事の依頼が来る場合があるため,毎日校正の仕事ができると保障されているものではありません。

また,募集されている場合,応募条件に校正経験者であることが多いです。

以前勤めていた会社や友人から仕事をもらう

 出版関係に勤めていた場合は、このつてをたどって仕事を請ける場合があるそうです。

 校正経験に加えて、人柄などがまったくわからない人よりも、依然同じ者ではたらいていたと知識もあり、人柄も分かっているため、まったく知らない人をいきなり雇うよりも雇用主も安心ですし、このつながりは強いと思います。

自分で営業して仕事を受ける

 フリーランスとして,自分で印刷会社や出版社に営業したり,自分のホームページを持って宣伝したりすることで仕事を得る場合があります。
 この方法では,仕事を受けるまでが大変です。また,「即戦力として働くことができて,質の高い仕事」をすることで「信頼」を勝ち取らないと,その後仕事をもらえなくなってしまうので,実力のある人,仕事を選びたい人が向いているかもしれません。

派遣会社に登録する

 インターネットのアルバイトや短期バイト、就職応援サイトのなかには,「校正」というキーワードで検索すると,意外と多くの企業が募集しています。(参考:アルバイト&短期バイト辞典 - 仕事解説と体験談

 アルバイト系や転職系のホームページでは,編集職やライター職の中に校正作業が含まれていることが多いです。反対に人材派遣系の求人では,校正をメインとした業務内容で募集しているところが多くあります。

 すぐにフルタイムで働きたいと考えているのであれば,これらのサイトを活用すると良いと思います。登録しておくと,自分で募集企業を検索できるほかに,派遣会社から企業を紹介してもらえる場合もあります。それで派遣社員として活躍するという流れです。(参考:派遣社員マニュアル - 派遣会社の気になるポイントをやさしく解説

 また,上記でご紹介したのは通勤して働く場合です。在宅で校正者として仕事を受ける場合は,これらの求人のなかから「在宅」で募集している企業を探さなければなりません。