校正の種類

校正には次のような工程(種類)があります。

初校(赤字照合、素読み)

再校(赤字照合、素読み、校閲)

(三校)

校了

以下、各工程(種類)の作業内容を紹介します。

【初校(赤字照合、素読み)】

 印刷所でレイアウトなどを調整して出来上がった校正刷を使います。その校正刷と原稿を引き合わせ作業をします。一文字一文字校正刷りと原稿を照らし合わせます。

 もし、正しく校正刷りに反映されていない場合は赤字で書き入れます。また、「コンピューター」と「コンピュータ」など表記が揺れている言葉を発見した場合は、鉛筆で疑問出しをします。

 また、どのようなレイアウトで印刷するかなどの指定があり、指定通りの体裁になっているかどうか確認します。

 初校が完了すると、編集者や著者に戻され著者校が行われます。

【再校(赤字照合、素読み、校閲)】

 再校では、主に赤字照合と素読みをします。

 赤字照合は、初校のときに赤字でチェックされたゲラと、それをもとに印刷所で修正されたゲラを照らし合わせ、きちんと直っているかを確認します。

 また、素読みでは、修正後のゲラだけを読み、誤字・脱字、体裁のミス、本文の内容が矛盾していないかどうかを確認します。

 物語は素読みまでということもありますが、エッセイや歴史の解説などは、校閲を行うことがあります。

 校閲では、原稿に書かれている内容の事実確認をします。

 かなり時間がかかることもあるので、校閲だけを依頼されることがあります。校閲を依頼される場合は、歴史事項、文学作品名、人名、化学・科学などの数値の確認が多いです。

【三校】

 再校したときに修正箇所が多い場合、再校の後にもう一度校正を行います。

【校了】

 上記の校正が完了すると、終了、という意味で「校了」といいます。